トップページ > 同窓会でタブーな話題ってあるの?

同窓会でタブーな話題ってあるの?

同窓会でタブーな話題ってあるの?

同窓会で、旧友に会うとついつい学生気分で話をスタートさせてしまいますが、年齢を重ねるとプライベートな話題への気遣いが必要になります。

どの年代でも配慮が必要な話題は「家族」「結婚」です。
相手がこの話題について話を切り出したのであれば、自分ことをお話しするのは構いません。
しかし、自分からストーレートにこの話題について触れるのは控えましょう。本当にプライベートなことは特に仲の良い親友たちでシェアすれば良い話です。
特に子供の話題はプライベートな問題で、子供がいないカップルや独身者にとっては辛いですし、子供の進学状況などを詳しく詮索することは同窓会の話題として相応しいとは言えません。

次に「仕事」「お金」の話
40代ともなると相手、結婚相手の社会的地位や収入が気になる人もいます。
キャリアウーマンとしてバリバリ働いている友人にも「いくら稼いでいるの?」「マンションは購入したの?」と言ったストレートな質問は失礼に当たります。
ただ、他業界の話や経済状況について話したい人も多いものです。大人の女性として言葉・相手を選んで話をしましょう。

また「健康」「病気」についての話題も年齢層が上がるごとに増えてきます。自身の病気で悩んでいる方もいますし、ご両親の介護に携わっている方もいるかもしれません。
病気について詳しく話すことは明るい話題とは言えず、不安感を煽ることにも繋がりますので注意が必要です。

最後は「宗教」「政治」の話。これは同窓会だけでなくパーティの話題としては不適切です。自分がある立候補を支援していたり、宗教を信仰していたとしても同窓会の場では自分から話すことは避けましょう。

一般的にタブーな話題を挙げましたが、あまり気を使いすぎると何も話せず関係も築けません。不自然にならない程度に気持ち良いコミュニケーションを心がけましょう。

ページ先頭へ戻る