トップページ > どの同窓会が一番面白かったですか?

どの同窓会が一番面白かったですか?

どの同窓会が一番面白かったですか?

中学校、高校大学など、様々なメンバーと開催される同窓会。実際に参加された方を対象に「どの同窓会が一番愉しかったか?」を集計しました。
やはりブランクが大きいほど、かつての同級生がどんな生き方をしているのか気になるようですね。

第1位 中学校の同窓会

30代以降になると小・中学校の同窓会が盛んになってきます。
中学生は人生でも多感な時期ながら、感慨深い思い出が多く輝かしい青春時代の象徴となっています。

高校生の友人とは時々連絡を取り合っているけれども、中学校の旧友とは音信普通であるケースも多いことも理由の一つでしょう。
中学校の同窓会では生まれ育った地元の懐かしいメンバーと再会できる楽しみがあります。

公立中学校であれば、中学校の同窓会を期に地元に帰った際に、気軽に飲みに行ける友達ができるチャンスです。
連絡先を聞いて、再度ゆっくりと仲良しメンバーだけで会うのもいいですね。

第2位 高校の同窓会

恋愛、勉強、友情、部活と青春時代を共にした高校生時代の旧友との再会も格別です。
華やかな女子高時代を過ごした方は、友人のその後も気になりますね。
連絡が途絶えていた友人達との再会を期に、友情が復活することもあります。

第3位 部活のOB会

中学、高校、大学と何か部活をされていた方にとって、淡い青春時代の旧友との再会は格別なものです。
同僚、先輩、後輩など年齢が異なるメンバーが一同に集まるのも部活OB会の魅力。
当時は縦社会で厳しかった先輩とも、お酒を交わしながらゆっくりと会話が出来るのも楽しいですね。

ページ先頭へ戻る